体操男子個人総合決勝で、内村航平(うちむら・こうへい)(コナミ)が合計92・690点をマークし、日本勢で28年ぶりの金メダルに輝いた。田中和仁(たなか・かずひと)(徳洲会)は89・407点で6位だった。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)