【ロンドン共同】ロンドン五輪第4日の30日、体操男子団体総合で日本は2大会連続の銀メダル。最終種目のあん馬で内村航平の得点に対し日本が抗議、4位から2位に訂正された。  競泳では100メートル背泳ぎで男子入江陵介と女子寺川綾、女子100メートル平泳ぎの鈴木聡美が銅メダル。27歳の寺川は競泳女子日本勢で最年長メダリストとなった。  今大会のメダルは金1、銀4、銅6の計11個。  競泳男子200メートルバタフライで松田丈志が全体のトップで決勝進出。卓球男子シングルスの岸川聖也は日本勢初の8強入り。  バレーボール女子1次リーグはA組の日本がイタリアに敗れ1勝1敗。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)