体操男子団体総合で一度は4位と結果が出た日本は、あん馬の 内村航平 (うちむら・こうへい) (コナミ)の演技に対する抗議が認められて得点が上がり、2大会連続の銀メダルとなった。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)