体操は8チームによる男子団体総合決勝を行い、予選5位で通過した日本は2004年アテネ五輪以来2大会ぶりの金メダルを目指し、2連覇を狙う中国と同じローテーションでつり輪から演技をスタートする。エースの内村航平(コナミ)がトップバッターを務める。  決勝は種目ごとに各チーム3人が演技した得点合計で争われ、日本は内村を全6種目、田中和仁(徳洲会)山室光史、田中佑典(ともにコナミ)加藤凌平(順大)をそれぞれ3種目に起用した。  予選1位の米国は2位のロシアとともに床運動から登場。予選の得点は持ち越さない。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)