トランポリンのロンドン五輪代表3選手が5日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)で合宿を公開し、昨年の世界選手権で男子3位の伊藤正樹(金沢学院大ク)は「1カ月後に答えが出る。日本チームとして一つのメダルがあればいい」と日本勢初の表彰台を目標に掲げた。  2大会連続出場の上山容弘(大体大大学院)は「北京五輪を経験したのは僕だけ。2人を引っ張ってメダルを目指したい」と27歳のベテランらしく堂々と宣言。伊藤と同じ初出場となる女子の岸彩乃(金沢学院大ク)は「本番へ一番いい状態に持っていきたい」と話した。 ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)