▽古川高晴の話 不思議なくらいよく当たった。緊張もプレッシャーもなく、落ち着いてうてた。ここで満足せず、挑戦したい。  ▽石津優の話 普段と変わらず、落ち着いてうてた。周りの選手がうますぎるので、逆に緊張する必要がなかった。  ▽菊地栄樹の話 ずっと不調だったが、その状態からすればいい感覚でうてた。出遅れたので、攻めろ、攻めろと自分に言い聞かせた。  ▽蟹江美貴の話 団体の日本記録はみんなが頑張った結果。緊張しなかったし、点数を求めすぎずにうてたのが良かった。  ▽早川漣の話 気持ち良くうてたけど、そのわりに点数が出なかった。団体は4位に入っておきたかったので少し残念。  ▽川中香緒里の話 全体的に良くなかった。緊張はしなかったが、感覚が良くなかった。切り替えて決勝トーナメントは頑張りたい。(共同) ...[記事全文](this.kiji.isドメインへ遷移)