東京五輪のマラソンと競歩の実施1年前に合わせて、札幌市で路面の温度などを調査している日本陸連の杉田正明科学委員長が8日、オンラインで取材に応じ、気温に湿度などの要素を加味し熱中症の危険度を示す「暑さ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ