東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬が16日、北海道網走市で取材に応じ、残り1年あまりとなった五輪へ「改善する余地はたくさんある。技術力、競技力を上げたい」と語った。本番までにマラソンで「2時間5分3...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ