日本陸連は30日、マラソンや駅伝などのロードレースを開催する際の新型コロナウイルス対策指針を発表し、参加者を複数グループに分けて時間差でスタートさせる方法の推奨、倒れ込んだランナーにはフェースシール...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ