日本が戦後初参加した1952年ヘルシンキ五輪の男子マラソン代表で、53年ボストン・マラソンで優勝した往年の名ランナー、山田敬蔵(やまだ・けいぞう)さんが2日夜に老衰のため川崎市で死去していたことが2...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ