日本陸連は19日の理事会で、2020年度の強化選手として、最高の「ゴールド」に男子短距離のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)や同競歩の鈴木雄介(富士通)、女子マラソンの一山麻緒(ワコール)ら18...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ