札幌開催となった東京五輪のマラソンコースの高低差は43・6メートルになると、大会組織委員会が4日、明らかにした。最も標高が高いのは7・9キロ地点の52・3メートル。標高20メートルのスタート地点の直...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ