東京五輪女子代表の残り1枠を争う大阪国際女子マラソンは26日、大阪市のヤンマースタジアム長居発着で行われ、2018年大会覇者の松田瑞生が日本陸連の設定記録(2時間22分22秒)を突破する2時間21分...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ