福島県は25日、東京五輪の聖火リレーのランナーに、東京電力福島第1原発事故の被災者ら58人を選んだと発表した。県内59市町村にそれぞれゆかりのある各1人を人選し、うち1人が辞退した。補欠の候補者から...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ