2020年東京五輪・パラリンピックの最新の予算計画で、大会組織委員会が300億円の増収となることが18日、分かった。昨年末から、スポンサー収入やチケットの売り上げが大幅に増える見通しとなったためで、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ