【マドリード共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は18日、東京五輪の暑さ対策でマラソンと競歩を札幌開催に変更したIOCの決定について「大多数の選手」が支持しているとの考えを示した。AP...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ