2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、大会時のボランティアの採用や事前の研修内容を検討委員会で議論した。8万人の募集に対して約20万人の応募があり、採用できなかった人には書面で丁寧に説...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ