日本陸連は14日の理事会で、体調不良などで走行困難となった選手に対して本人の意思にかかわらず審判長や医師の判断で競技を中止させることができるとの記述を、国内限定で競技規則に追加した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) マラソン・駅伝TOPへ