【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスは2日、大谷翔平が本拠地アナハイムで行われたアストロズ戦で先発登板後に右腕の違和感を訴え、磁気共鳴画像装置(MRI)の検査を受けたと発表した。この日は一昨年の...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ