【ニューヨーク共同】米大リーグ機構(MLB)と選手会が、電子機器を用いて相手のサインを盗んだ場合に選手らに処分を科すことができる規則の導入で合意したと30日、スポーツ専門局ESPN(電子版)などが報...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ