【ニューヨーク共同】米大リーグ機構(MLB)は22日、ワールドシリーズを制覇した2018年にサイン盗み疑惑が浮上していたレッドソックスの調査結果を発表し、レギュラーシーズンで映像機器を使った不正行為...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ