【ニューヨーク共同】米大リーグ機構(MLB)と審判員組合が2024年までの労使協定で、コンピューターによるストライク、ボール判定を将来的に導入することで合意した。AP通信が21日に報じた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ