【サンディエゴ共同】米大リーグ機構(MLB)は11日、今季史上最多6776本塁打が記録された一因に、昨季より公式球の縫い目が低下していたとする専門家のリポートを発表した。平均0・001インチ(約0・...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ