【ワシントン共同】米大リーグで7月に27歳で急逝したタイラー・スカッグス元投手が医療用麻薬を乱用していたとされる問題で、所属していたエンゼルスの現選手と元選手の少なくとも6人が米麻薬取締局(DEA)...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ