【ヒューストン共同】米大リーグ、エンゼルスの球団職員で広報部門担当のエリク・ケイ氏は、7月に27歳で急逝したタイラー・スカッグス元投手に医療用麻薬のオキシコドンを提供し、数年間一緒に乱用していたこと...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ