米大リーグ、アストロズの先発右腕コールが2日、敵地ミルウォーキーでのブルワーズ戦で6回を投げ14三振を奪い、投手板と本塁の距離が現在の18・44メートルになった1893年以降で初めて同一球団の投手に...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ