【ミネアポリス共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が13日、敵地ミネアポリスで行われたツインズ戦前に投手練習を再開し、最長で110フィート(約34メートル)の距離で70球のキャッチボールを行った。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ