【ニューヨーク共同】米大リーグ選手会のトニー・クラーク専務理事はマリナーズが高額年俸の有力選手を放出するなど、予算を削減して再建を進めるチームが目立つ現状に懸念を示した。AP通信が6日までに報じた。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ