【ニューヨーク共同】米大リーグ選手会のクラーク専務理事が、有力な選手を不必要に放出してフリーエージェント(FA)市場に悪影響を及ぼしたとして、マーリンズの経営陣を非難した。9日にAP通信が伝えた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ