【ニューヨーク共同】米大リーグ機構(MLB)から野球賭博への関与で永久追放となり、処分解除の要請が却下されたピート・ローズ氏(74)が15日、ネバダ州ラスベガスで記者会見し「決定には失望している。私...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ