【ニューヨーク共同】米大リーグ、ヤンキースは5日、先発左腕のC・C・サバシア投手がアルコール依存を治療するため、ポストシーズンには登板しないと発表した。この日、アルコール依存を専門に扱う施設に入っ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)