【サンフランシスコ共同】頭部死球による脳振とうの後遺症を訴えているジャイアンツの青木宣親外野手は11日、数週間にわたるリハビリメニューを既に始めていることを本拠地サンフランシスコで明らかにした。今季...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 大リーグTOPへ