四国アイランドリーグplusは31日、松山市内のホテルで、今季の総合優勝や個人タイトルなどの表彰式を行った。ベストナインに愛媛マンダリンパイレーツ(MP)からヘイドーン一塁手とペレス外野手が選ばれた。後期グラゼニMVPは河津大樹投手に決まった。

 河津投手は後期22試合に登板し、1勝1敗5セーブ。防御率は1.50で、27奪三振を記録した。「後期は前期と違い、抑えとして大事な場面での登板が増えた。緊迫した展開の中でもしっかりと抑えることができ、改めて野球の楽しさを感じることができた」とコメントした。

 個人タイトルでは、愛媛MPのペレス外野手が最多打点(44打点)...    
<記事全文を読む>