ゴルフの国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディストーナメント」への出場権を懸けたアマチュア選手権大会最終日は26日、南城市の琉球GC(西・東コース6520ヤード、パー72)で決勝ラウンドが行われた。首位でスタートした荒川怜郁(中部学院大1年)が71で回り、トータル140で優勝した。新城莉李亜(ベルビーチ)が2位、伊波莉羅が3位、石原渚裟(宜野座高1年)が4位。仲村姫乃(沖国大1年)は石原と同スコアの147だったが、大会規定により決勝ラウンドのスコアで順位を決定し5位だった。上位4人は第34回の本戦(3月4~7日、同GC)に出場する。

...    
<記事全文を読む>