サッカーJ1仙台を運営するベガルタ仙台(仙台市)は27日、仙台市内で臨時取締役会を開き、菊池秀逸社長(68)が任期途中で退任し、後任にベガルタ仙台・市民後援会理事長の佐々木知広氏(64)が就任する人事を内定した。12月14日の臨時株主総会と取締役会で正式決定する。新経営体制の下、新型コロナウイルスの影響で約3億円と見込まれる債務超過の解消に取り組む。

 佐々木氏は大崎市出身で、1979年に旧郵政省入り。ゆうちょ銀行本社の郵便局担当室長や監査企画部長を歴任し、今年3月に退職した。市民後援会には99年の発足時から関わり、翌年に理事長就任。クラブと主要株主が経営改善策を...    
<記事全文を読む>