川崎5―0G大阪

 圧巻のハットトリック。2季ぶりのリーグ制覇を懸けた大一番で最高の輝きを放った家長は「今日が終わらないでくれという感じ。それぐらいうれしい」と歓喜に浸った。

 1─0の前半45分、右CKからレアンドロダミアンがコースを変えたボールを左足で合わせた。後半にはカウンターからいずれも三笘のお膳立てを受け、涼しい顔で2度ネットを揺らす。2018年のMVPレフティーの勝負強さを最後のヤマ場で見せつけた。

...    
<記事全文を読む>