サッカー明治安田J2の第36節は25日、各地で行われ、FC琉球は静岡県のヤマハスタジアムでジュビロ磐田と戦い、0―3で完敗した。11勝18敗7分けで勝ち点40。順位は19位のまま。

 立ち上がりは琉球がボールを支配した。徐々に相手ペースになったが、守備で防いでいた。しかし前半39分にGK田口潤人の接触プレーの間に先制点を許し、足が重いまま後半に2失点した。小野伸二と遠藤保仁が同時にピッチに立ち会場を沸かせた。

 次戦は29日、午後1時から沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで東京ヴェルディと戦う。4試合連続でホーム戦が続く。

...    
<記事全文を読む>