バレーボールV2男子ヴォレアス北海道は25日、旭川市リアルター夢りんご体育館で三重と対戦し、ストレート勝ちした。ホーム開幕2連戦を勝利で飾り、25日時点で1位。観客席の間隔を空けるなど、感染症対策を徹底した会場には約630人のファンが詰め掛け、連勝を後押しした。

 ヴォレアスはこの日、戦術変更のため、24日のスタメン7人から4人を変更。セッターは開幕出場を逃した本沢凌斗選手で、「チャンスをもらえる時に精いっぱい頑張ろう」と臨んだ。三重の安田瑛亮選手は駿台学園高(東京)の先輩で、気合が入った。

...    
<記事全文を読む>