ヴォレアスは同じ対戦となった前日の先発から、元日本代表の越川らを外すなどして4人を入れ替えた。「相手は対策してくる。同じ起用はできない」。クライン監督の狙いは当たった。

 アタック決定率は前日の46・2%から58・6%に上がった。「トスの配球を変えたことでアタックも多様になった」と指揮官。張が前日に続く強烈なバックアタックをみせれば、佐々木と家近らも得点を重ねた。相手を崩したサーブの効果率も4・1%から10・1%へ伸びた。

...    
<記事全文を読む>