バレーボールのVリーグは25日、草薙このはなアリーナなどで開催され、V1男子の東レは名古屋に1-3で敗れ、開幕4連敗を喫した。
 第1セットを先取された東レは、第2セットをパダル・クリスティアンや星野秀知、富田将馬(沼津市立高中等部出)らの得点で奪い返した。だが、第3、4セットは要所でサーブミスが目立ち、流れをつかめなかった。

 ▽男子
名古屋 2勝2敗 3 (25―17 18―25 25―23 25―22)1 東レ 4敗

 ■終盤、パダルと連係欠く 勝負どころ押し切れず
 地元戦の連敗に会場に駆け付けたファンは...    
<記事全文を読む>