開幕戦を勝利で飾ったヴォレアス。台湾代表の張が大きく貢献した。「緊張していて状態はあまり良くなかった」と話すが、チームトップの16得点を挙げる見事な活躍だった。

 鋭いバックアタックが光った。第1、第2セットは張の強打を軸に連取。第3セットは相手の新戦力にリズムを崩されたが、第4セットは再び張にトスを集めて立て直した。主力の古田や山口がケガのため欠場。「自分の実力で穴を埋めたかった」と振り返る。

...    
<記事全文を読む>