バレーボールのVリーグ1部は18日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館などで行われ、女子の久光は昨季王者のJTに1-3で敗れて1勝1敗。2016年リオデジャネイロ五輪で日本代表入りし、今夏、代表に復帰した長岡望悠(29)が4季ぶりにVリーグの試合に出場した。開幕戦となったNECは故郷佐賀での試合に出場した古賀紗理那(24)の活躍で、3-1で岡山を破った。

■強烈スパイク「やっとここまで来た」

 こみ上げる感情を抑えきれなかった。久光の長岡は試合後の記者会見で、目頭を熱くしながら振り返った。「やっとここまで来たかな」。相次ぐ左膝のけがを乗り越え、4季ぶりに...    
<記事全文を読む>