バレーボール女子・V1リーグが17日に開幕する。久光スプリングス(鳥栖市)は今季、攻撃面を強化して2年ぶりの王座奪還に挑む。新たなチーム名となった節目の年。再び輝かしい歴史を刻むため、佐賀から一歩を踏み出す。

 久光は3連覇を狙った昨季、レギュラーラウンドを10勝11敗と負け越し、上位8チームで争ったファイナル8を突破できずに7位に終わった。酒井新悟監督は「粘り強く戦えたと思うが、決定力が足りずに点を取り切れなかった」と振り返る。昨季のアタック決定率は34・4%。優勝した17~18年(41・8%)、18~19年(40・2%)から大きく数字を落としたことが、順位に直結した。<...    
<記事全文を読む>