福祉事業に寄付する寛仁親王記念杯北陸ウェルフェアゴルフトーナメント(北陸中日新聞後援)が二十二日、小矢部市のゴルフ俱楽部ゴールドウインで開かれた。
 
 例年は北陸の福祉施設・団体に寄付するが、今回は新型コロナウイルス感染拡大を受け日本財団(東京)を通じ患者の治療に当たる医師らへの支援金にする。
 
 富山市出身のプロゴルファー森口祐子さんやゴールドウインの西田明男会長ら北陸三県を中心に百三十三人が参加。18ホール中、4ショートホールで、一打でグリーンにボールを乗せられなかった場合は千円、パーで千円、バーディーで二千円の祝儀を...    
<記事全文を読む>