ゴルフの日本女子オープン選手権は最終日の4日、福岡県ザ・クラシックGC(6761ヤード、パー72)で行われ、首位で出た21歳の原英莉花が5バーディー、1ボギーの68と伸ばし、通算16アンダーの272で国内四大大会初優勝。ツアー通算2勝目で、賞金2250万円を獲得した。

 小祝さくら(北広島市出身)は68で回り、通算12アンダーの2位。上田桃子と仲宗根澄香が8アンダーの3位だった。さらに1打差の5位に、66をマークした蛭田みな美と、イ・ナリ(韓国)が続いた。菊地絵理香(苫小牧市出身)、吉本ここね(札幌市出身)は5アンダーの7位タイ。笹生優花、鈴木愛、古江彩佳らと並ぶ2アンダー...    
<記事全文を読む>