女子プロゴルフのステップアップツアー「山陽新聞レディースカップ」(日本女子プロゴルフ協会主催、山陽新聞社共催)最終日は2日、玉野市の東児が丘マリンヒルズGC(6362ヤード、パー72)で決勝ラウンドが行われ、首位と1打差の単独2位で出た作陽高OGのルーキー石川怜奈が通算12アンダー、204で初優勝を飾った。石川はプロ4戦目で初の頂点。

 初日、2日目と首位だった小川陽子(福山市出身)は1打差の2位、さらに1打差の3位には山内日菜子が入り、ベストアマチュア賞は通算4アンダー、22位の理大付高3年桑木志帆が受賞した。晴天微風の好コンディションの中、午前8時から予選を突...    
<記事全文を読む>