女子プロゴルフのステップアップツアー「山陽新聞レディースカップ」(日本女子プロゴルフ協会主催、山陽新聞社共催)第2日は1日、玉野市の東児が丘マリンヒルズGC(6362ヤード、パー72)で行われ、115選手が懸命にプレー。通算1オーバー、54位タイまでの62人が決勝ラウンドへ進んだ。

 秋晴れの好コンディションの下、初日トップの小川陽子(福山市出身)が3バーディー、1ボギーで回り、通算9アンダー、135で首位を堅持。1打差の2位はルーキーで作陽高OGの石川怜奈、さらに1打差の3位には、1998年度生まれの「黄金世代」の小滝水音と過去にステップアップツアー1勝を挙げて...    
<記事全文を読む>