J2第29節の栃木SCは25日、松山市のニンジニアスタジアムで愛媛と対戦、茂木町出身のMF森俊貴の2試合連続ゴールで1-0で完封勝ちした。2連勝で通算11勝8分け10敗、勝ち点41。

 栃木SCは後半8分、GKオビ・パウエル・オビンナからのFKをペナルティーエリア左で収めた森が右足を振り抜き先制弾。終盤に守備を崩される場面もあったが、DF黒崎隼人(くろさきはやと)が素早い戻りで対応し、無失点で逃げ切った。

 栃木SCは11月1日午後2時から、県グリーンスタジアムで甲府と対戦する。

...    
<記事全文を読む>