人種差別へ抗議の意思を示しながら全米オープンを戦い抜いた大坂なおみ。コート外での活発な言動は、移民国家の米国スポーツ界で、黒人アスリートが歩んできた道のりの延長線上にある。彼女が訴えたものは何だったのか。

◆全米テニス協会はマスクを許可



 自宅で就寝中に警官に踏み込まれて射殺された女性、模造銃で遊んで撃たれた少年…。初戦から7試合、黒人犠牲者の名前が入った7枚の黒いマスク。くしくも新型コロナウイルス禍で欠かせなくなったものを、大坂は抗議の媒体に選んだ。試合を重ねるごとに、口元に記された犠牲者の事件概要が報じられ...    
<記事全文を読む>