【石川県小松市で報道部・金野訓子】カヌーの日本スプリント選手権第2日は10日、石川県小松市の木場潟カヌー競技場で各種目の1000メートル決勝が行われ、男子カヤックシングルは東京五輪代表の水本圭治(チョープロ、不来方高-大正大)が3分45秒222で2位となり、3連覇はならなかった。東京五輪予選を兼ねるアジア選手権代表の棚田大志(吉本整形外科・外科病院)が初優勝した。

 水本は準決勝を組2位で通過。決勝は残り500メートル付近から棚田に先行を許し、追い上げも及ばず3秒9差をつけられた。水本は12日、五輪出場種目のフォア500メートルに五輪代表メンバーで臨む。

...    
<記事全文を読む>